神戸山手女子高等学校 神戸山手女子中学校

お問い合わせ

お知らせ

がんばれ熊本!元気アップコンサート2日目

  • 高校 音楽科

2018.3.25

 

「がんばれ熊本!元気アップコンサート」2日目の第1ステージは、仮設住宅の黒川団地です。

8時半にホテルを出発、9時半頃に到着しました。

10時半開演なので、少し時間に余裕があることや、この旅にも少し慣れてきたことで、生徒の表情も和やかです。

 

サッカーで遊ぶ小さな子どもたちとの交流を楽しみつつ、「日曜の朝にトランペットを吹き鳴らしてよいものか」と悩みつつ、昨日の反省点の確認をして、本番の時間を待ちました。

 

コンサート本番も、子どもたちの賑わいのまま、明るいものとなりました。「ピアノ連弾って何?」「この曲聞いたことあるなあ」など、リアクション満載。「この歌は、学校で習うんよ」と、おばあちゃまが子どもたちに話しかけたりと、演奏の合間に、小さな会話も花咲きました。

 

 

終了後は、次の会場「阿蘇カドリー・ドミニオン」に移動しました。

「阿蘇カドリー・ドミニオン」は、日本テレビ「天才!志村どうぶつ園」で大人気だったチンパンジーのパンくんでよく知られる、ふれあい動物園です。阪神淡路大震災のあと、神戸を訪れて子どもたちを元気づけてくれたことがあり、そのお礼の気持ちを込めた訪問です。

 

少し早めに到着したので、共演している「日本南京玉すだれ協会」の皆様から、玉すだれの手ほどきを受けました。

   

昨日から「やってみたい!」「教えてほしい!」と小声でこそこそ言い合っていた願望が叶って大満足。コンサートの後には、皿回し体験もさせて頂きました。

 

 

肝心のコンサートは、強風に煽られながらの屋外ステージという難しいコンディションの中、苦戦する様子も見られましたが、楽譜が風で飛ばないようにサポートについたり、マイクとの距離を考えたりと、各々が出来る限りの調整をして、臨みました。

4回のステージの中で、成長・進歩できたところも、たくさんあったかと思います。

 

すべてのコンサートが終了し、午後3時の遅い昼食のあと、少しの自由時間。パンくんの娘プリンちゃん達のショーを見たり、くまモングッズをお土産に買ったり。そして帰路も長いバス旅です。

午後8時の新門司港発のフェリー搭乗に、ぎりぎりセーフ。なんとか明日朝には神戸に戻って来られそうです。

午後9時過ぎ、夕食を船内で。

IMG_E0636 

 

 

 

 

 

ページトップへ