神戸山手女子高等学校 神戸山手女子中学校

お問い合わせ

高等学校 音楽科 専攻科目

HIGH SCHOOL 音楽科 専門科目

感性や技術に磨きをかけて
音大進学やプロの演奏家をめざす専門課程

創設50周年を迎えた音楽科は、ピアノ、声楽、管・弦・打楽器、電子オルガン、作曲など、それぞれ専門的に学べる学科です。夢に向かう仲間たちと一緒に、実技レッスンや演奏会、ウィーンでの研修旅行を経験し、将来、海外への留学やプロの演奏家などをめざします。

音楽科・専攻科目

専門を磨くか、それとも総合的に学ぶか。

■演奏専攻(声楽、ピアノ、作曲、オルガン、クラシックギター、管弦打)

プロの演奏家をめざす専攻。
専門実技を中心に、個人レッスン専攻(1、2年生は週1回45分、3年生は週1回70分)、副専攻(ピアノ25分、声楽はグループで50分)のどちらかまたは両方が受けられます。プロの演奏家の指導による「合唱、合奏、アンサンブル」の授業など、職業演奏家に必要な能力を高める豊富なプログラムが組まれています。日々の授業を通じて基礎力を高め、多くの演奏機会や公開演奏会、訪問演奏会の「企画・立案・実施」を通じて、演奏技術や舞台スタッフ等とのコミュニケーション能力の向上を図ります。

■音楽総合専攻

幅広く音楽に関わる職業をめざす専攻。
音楽の基礎能力の向上をはじめ、個人レッスン(ピアノ25分、声楽25分、任意のレッスン25分)を中心に幅広く音楽の知識や技能を修得するプログラムや、演奏専攻と合同の「合唱、合奏、アンサンブル」等の授業が組まれています。音楽の基礎科目にやや不安を感じる人、ピアノや歌が必要な保育士、幼稚園教諭、また音響や舞台演出など舞台全般に関わる職業をめざす人、ジャズやミュージカル等に必要な基礎を身につけたい人のための専攻です。進級時に試験を受け、「演奏専攻」へ転専攻することも可能です。

音大進学をめざし、目標をもって、いろいろな技能を高めます。
CURRICULUM

[ ]内の数字は週あたりの時間数。 ※隔週土曜日には授業が行われます。 ※カリキュラムは一部変更することがあります。

※音楽総合専攻では、専攻実技の時間はピアノ[1]、声楽[1]を受講します。さらに3年次の副専攻の時間が「音楽総合」科目になります。

高等学校 音楽科

  • 専攻科目
  • 主な演奏会
  • 演奏会日程
  • 基礎講座のご案内 小学生対象
  • 基礎講座のご案内 中学生対象

ページトップへ