REPORT

【高校3年生】キャリア 森本アリ氏による講演会を開催しました  

2021.10.11 高校 普通科

高校3年生(94回生)1組のキャリアの時間では、「諏訪山をさらに元気に!プロジェクト」と称して、山手のある諏訪山地域のまちづくり、まちおこしについて考えています。

2学期からは、具体的なアイデアを持ち寄って、話し合いをしていました。

神戸市のなかでも今、古い町並みが残り、街の人同士が皆顔見知りでありながら、移住してくる人が増えている、話題の街・塩屋(垂水区)をお手本にできないかと考え、築100年の洋館「旧グッゲンハイム邸」の管理人・森本アリ氏をお招きし、今回の講演会が行われる運びとなりました。

諏訪山とも少し似ている塩屋の街の地理的特徴から、実際に街を元気にしている人のお話、街全体が会場となったアートイベントのお話などを通して、「いつもの街でも、見方を変えると突然面白く見える」ことを教えていただきました。

DSCF8065.jpg

いつもの生活の中にある階段やバス停にも、面白さが隠れていることは実際の写真を見せていただくことで体感することができました。

また、その面白さを表現するための方法として、実際にまちの人たちとつくられた「地図」や「写真集」などを見せてもらい、諏訪山を元気にするためにどうすればいいか、方向性を示していただきました。

DSCF8067.jpg

生徒たちから出た質問にも丁寧に答えていただき、これから私たちがやりたいこと、すべきことが少しずつ明確になってきました。卒業まで残された時間は多くはありませんが、自分たちで考えたこと、動いたことが少しでも形になり、後輩たちにも受け継いでもらえるよう、今回の経験を生かして、プロジェクトを進めていこうと思います!